ヴォクシーのハイブリッド車とガソリン車。

テレビCMでも話題になっているトヨタのヴォクシー。
過去から数えると、現在販売されていのは三代目のモデルになっています。

三代目になったヴォクシーは、大きく分けると、「ハイブリッド車」が「HYBRID V」と「HYBRID X」の二種類あり、「ガソリン車」はグレードの高い順に、「ZS」、「V」、「X」、「X(サイドリフトアップシート装着車)」、「X “C Pakage”」の五種類から選べます。

ハイブリッド車には、ガソリン車にはない特殊な装備があります。
ヴォクシーのエクステリアでは、「ハイブリッド車専用15インチアルミホイール」があり、インテリアでは「スピードメーター」や「専用シフトレバー」があり、これから暑くなる季節には欠かせない「左右独立型のフルオートエアコン」が主な装備になります。

ヴォクシーのガソリン車でもグレードの高い「ZS」や「V」といったモデルを選べば、ハイブリッド車にも劣らない快適な空間を選べます。
「ZS」は「V」や「X」と比べると、エアロパーツが装備されていることもあり、エクステリアが大きく違います。

「ZS」ではフロントとリアのバンパーが大型になっていること、リアスポイラー、大型サイドマッドガードが装備されていますが、車内の装備で見ていくと、「V」のモデルの方には高速道路での走行には嬉しい「クルーズコントロール」や夜間の走行に役立つ「自動防眩ミラー」、エアコンではナノイー発生装置がついているなど、走行補助機能や車内環境を重視したい人には「V」がお勧めとなっています。

これらのモデルには、メーカーオプションやディーラーオプションといったオプション類を追加できる場合もあります。
ヴォクシーに興味を持たれた方は、ディーラーや公式ホームページで実際に試算してみてはいかがでしょうか。

PR:ヴォクシー買取査定|買取価格をアップするコツは?

ホンダ・フリードのフルモデルチェンジ。

フリードはホンダが販売しているコンパクトミニバンです。
この車はコンパクトカーのフィットをベースに作られているため、ボディはとてもコンパクトで取り回しに優れています。

またほかのメーカーには、こういったコンパクトミニバンはないのでとても人気があり、小さな子供がいる家庭などで愛用されています。

この車の仕様ですが、1.5リッターエンジンと1.5リッターのハイブリッドが採用されています。
人気があるのはやはりハイブリッドで、7割以上がハイブリッドモデルだといわれています。

またこのフリードには6人乗りと7人乗りがあります。
ステップワゴンやオデッセイなどに比べると結構小さなボディですので、6人乗りの方が人気があるようです。

価格はガソリンモデルで175万円、ハイブリッドモデルで220万円くらいからとフィットに比べると結構割高ですが、4人家族なら1台で十分使えますので駐車場が小さかったり、まだ小さな子供がいる家庭にはオススメの車です。

そんなフリードですが、フィットは昨年フルモデルチェンジしましたので、こちらも間もなくフルモデルチェンジするといわれています。
最新型のフィットはかなり性能が良いので新型も楽しみです。

PR:フリード買取査定|買取価格をアップするコツは?

トヨタ・ヴィッツのスポーツ性能。

トヨタのコンパクトカーでヴィッツをご存知と思います。
この車は、本当に幅広い年齢層に受けている車ではないのかな、と私は思っています。

それは排気量も1000から1300から、スポーツのRSの1500のグレードに、スポーツが好きな方にもってこいのターボ仕様や、GSといったCOMPLETEマシンまで用意されているので、本当に本気で走りの好きな方にも、また実際にはそんなに本気でもなくても、街中重視でお洒落に乗りこなすこともできる車ではないのかなと思います。

私は、昔ヴィッツの1500CCに乗っていましたが、本当に軽いボディーでいい走りをしました。
本当にコンパクトスポーツのできる車だと実感しました。

エンジンは、スペック的にはあまりにひ弱なイメージをもってしまうかもしれませんが、数値以上のものがあるのですよね。

実際に搭載されているパワーユニットも、昔から熟成されているものです。
1NZ FE型で、109馬力そこそこですが、かなりのいい感じのパワーの出方ですよね。
扱いやすいエンジンなんです。

誰が乗っても乗りやすいのではないのでしょうかね。
しかし弱点は、少しボディーがひ弱な感じがしますよね。

GSはそうではないのですが、ノーマルのヴィッツは、かなりコーナーでふわっとしたり、浮いたりして、走行安定性がいまいちですよね。
他はよくできているのに残念です。

PR:ヴィッツ買取査定|買取価格をアップするコツは? 

ホンダ・オデッセイの魅力に迫る。

ミニバンと言えばホンダ車を真っ先に思い浮かべる方も少なくないのではないだろうか。
業界内でも屈指の安定感と信頼性を誇るオデッセイ。
今日はそんなホンダ製ミニバンのさらなる魅力に迫って行きたいと思う。

まずオデッセイの代表的な特徴の一つとして、超低床プラットフォームがある。
車内空間を広げるために天井の高さを上げるという手法はよく聞く話です。

しかし、このオデッセイは天井だけではなく床の高さを下げることにより上下の広さを同時に確保することに成功している。

床の高さを下げることによって得られる恩恵はそれだけではない。
重心が下がることにより走行性能の向上や乗り降りの際のストレスを極限まで減らすことができるのである。

「走るラウンジ」というコンセプトからも見て取れるように、インテリアのこだわりにも妥協は無い。
シートには2列目と3列目の容易な移動を可能にした7人がけと、より大人数での移動を可能にした8人がけを用意。

オプションで高級感溢れる本革のシートに変更なのも嬉しいところ。
そして何よりも注目しておきたいのが最新技術を駆使したカーナビゲーションシステムである。

スマートフォンにヒントを得た静電式のタッチパネルを採用したことで、より直感的な操作が可能になったことでドライバーの走りを全面的にアシスト。

常に時代の先を行き業界を牽引してきたホンダオデッセイ。
更なる進化を遂げ、新たな支持者を獲得するのには、それほど苦労することはなさそうだ。

PR:オデッセイ買取査定|買取価格をアップするコツは?

ミニバン人気とセダン人気。

我が家が乗っている車の種類が何かというと、いわゆるセダンです。
買うときに、だいぶ検討したのですが、家族の中で意見が割れてしまって。

私は、ミニバンが良かったのですが、絶対いや!という人が家族の中にいると、車という高価な買い物をするにあたって、どうしてもと主張するのもためらわれて、私の方が折れてしまったんですね。

なにが嫌なのかというと(私が嫌なんじゃないんですよ)、多分ですが、格好がちょっとアレだとかです。
そりゃ、スポーツカーとかセダンに比べられたら、流線形とかシルエットでは劣るかもしれないけど。

更に言えば、エンジンがちょっとアレだとか。
それは、走ることを重視するよりも、小さい子どもとか家族連れが乗るとすると。安定性とかも大事だろうと思うのですが。

比べないで欲しいのですが、そういう理由なんだと思うのです。

しかし結局、セダンの車種にしてしまってから思うことは、ミニバンのほうが車内絶対に広い。
(だって車体が大きいし天井も高いもの、あたりまえですよね?)

荷物だって置くところいっぱいあるにきまってる。
乗れる人数だっていざとなれば増やせるし。

大体今や、どのミニバンだって「かっこいいパパ」なイメージで売っているのに何故?
と悲しい気分でいっぱいです。

今は子どもが小さいので、なんだかんだでやってっていますが、子どもが大きくなると車内がまた狭くなるんだろうなぁと思うと、ちょっと憂鬱な気持ちの私です。
ミニバンって人気ないんですかね?
人気車種ランキングなんかには、結構登場していると思うのですが。。

参考:http://www.minivan-ranking.net/

法律相談の前に大切なのは自分が望む結末を決めておく事。

弁護士相談をするときには、1つ決めておかないといけないことがあります。
それは自分が最終的にどういう結末を望んでいるのか?ということです。
つまり、どうしたいと思っているのか?ここをはっきりさせておく必要があります。

相談に応じる弁護士としても、依頼者の力になりたいと思っているはずですが、そのためには依頼者のために何ができるか?何をすべきか?といった手段などを明確にしないといけません。
そこまでいくためには、依頼者の方が最終的にどういう状況を望んでいるのか?を伝えないといけないのです。

弁護士に力になってもらいたいと思うのであれば、悩みを解決してほしいと思っているならば、そのための必要なプロセスとして、自分が最終的に望む状況を明らかにして、それを伝えていきましょう。

法律相談を行うときには、それをやっていく必要が全員にあると言えます。
それができないと、話を聞いても参考になった感じがしなかったり、結局解決に至ることがなかったりということになりますから。

弁護士相談を利用して、その後正式に依頼をすることもあると思います。
そうなったときには余計に今まで言ってきたことが必要になってくると思います。

参考:東京都港区の弁護士に無料電話相談

参考しているサイトです。
よろしければ訪問してみてください。
東京都港区は、企業が本社を最も多くおいている区で日本のビジネスの中心です。