軽自動車人気ランキングと買取のときのリサイクル券

昔なら廃車しかなかった事故車も、今の買取店では「どんな事故車でも高く買い取ります」と謳っていることが多く、車を売る側にとっては有利になっています。
廃車をするには廃車料金がかかりますが、買取店ではたとえ少額にしても買取ってくれるのですからありがたいのですが、ただ、車によって買取れない場合がありますが、それでも0円と、無料で引き取ってもらえます。

事故車や動かなくなった車を売ることがなぜできるのか、それは、買取店で修理をして動けるようにしたり、そうでない場合は部費が使えるからです。

今はインターネットで全国に繋がっているので、例え年式の古い車でも、必要な部品がすぐ手に入りやすくなっています。

事故車だからと諦めていないで買取店に出すべきですが、0円という場合は廃車しかないようですが、廃車するときにはいくつかの書類が必要になります。

廃車にするときに必要な書類には、車検証原本と前後2つのナンバープレート、発行されてから3ヶ月以内の印鑑証明1通などがあります。

そのほか車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が違うときは、住民票が必要になりますが、もし、2回以上引越しをしていれば戸籍の附票も必要になってきます。

以上は普通自動車の場合ですが、軽自動車の場合は、車検証原本と前後のナンバープレートと、リサイクル券が必要になってきます。
軽自動車の場合は認印だけで大丈夫です。

参考:軽自動車人気ランキングと中古車買取で安く買う方法

リサイクル券がなければ、多くの場合は買取店で用意してくれます。
自動車のリサイクル券は再発行が出来ないので、リサイクルシステムのトップページから検索をして「リサイクル料金の預託状況」を印刷します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です